img_01

クレジットカードを複数枚持つメリットとデメリット

クレジットカードは複数枚持つことができます。
このメリットとして、使える店舗が増えるので利便性が高くなります。
クレジットカードが使える店舗でも全てのカードに対応しているわけではなく、ブランドによって使えないものがあります。1つのブランドしか持っていないと利用できない店舗が多くなりますが、異なるブランドのカードを作っておくことで使えなくなることが少なくなります。

海外に行くときにはクレジットカードに付帯する保険が役に立ちます。

1枚当たりの保険金は少ないですが、異なるカード会社であれば、内容によって複数のカードの保険金を合算できるものがあります。ただし、カードを旅費の支払いに使用していなければ保険の対象にならないものもあるので、どのカードで旅費を払うか間違えないようにしましょう。

クレジットカードには電子マネーやETCなどを利用できるものもありますが、これらもどれを利用できるかカードによって違います。



そのため、利用したいサービスごとにカードを作ると良いでしょう。


ただし、便利だからと手当たり次第に発行すれば良いものでもありません。



カードが増えれば管理の手間が増え、紛失する可能性もあります。

クレジットカードの契約状況は信用情報に記録されているため、利用数が多くなると与信枠の空きがなくなり、本当に必要なカードが見つかったときに審査に通らなくなることがあります。
また、カードの利用で付与されるポイントが分散されてしまうため、一定以上のポイントがなければ交換できないようなカードではポイントを有効に使えなくなります。