img_01

ETCカードとクレジットカードの関係について

高速道路を利用する際にキャッシュレスで通行することができるETCと言う制度は非常に便利に活用されています。

最近ではクレジットカードに付帯する形でETCカードを発行しているカード会社が少なくありません。

かつてはクレジットカードを押すのはETCに差し込むことで利用する仕組みのカードが存在していましたが、最近では別のカードとして切り離されておりETCにセットしたままでおける便利な仕組みを提供しているカード会社が増えてきました。



このようなカードを希望するのであれば、カード会社のウェブサイト等を通じ、申し込みを行うのが一般的な流れとなります。

すべての人がETCカードを利用するわけではないため、申し込み制となっているのが一般的です。

このようにクレジットカード会社に申し込みを行うと、一般のカード払いの請求と同時にETCの利用料が請求されることになります。

一括管理をすることができますので非常に便利であるとともに、そのクレジットカードにポイント制度がある場合にはポイントの対象にもなります。

つまり高速道路を走行する際に割引料金で走ることができることに加え、その一部をポイントとしてキャッシュバックしてもらうことができるのです。



この点は現金決済では絶対に存在しないメリットとして、強く利用推奨することができる部分です。

ETCカードにも様々な種類が存在していますが、年会費を必要としないクレジットカード会社のカードを利用するのが最もお得であるといえます。