img_01

クレジットカードのICカードについて

クレジットカードにはICチップと呼ばれる集積回路が付いているものがあります。

これは所有者の情報が記録されているもので、セキュリティー性の高いものとして普及していく予定です。


現在ほとんどのクレジットカードには磁気ストライプと呼ばれるものが付いています。



しかし磁気ストライプは簡単にコピーできるので、偽造カードが作られやすいという問題があります。

今後クレジットカードがICカードに切り替わっていけば、そのような問題も無くなっていくはずです。

磁気ストライプとICカードの違いはセキュリティー性だけではありません。

読み取り機にICカードをかざすだけで支払いが完了するシステムも組み込むこまれています。



記録できる情報量も磁気ストライプよりも多く、CPU搭載でカード内の情報処理が可能なのです。

今はまだ磁気ストライプとICカードの両方が利用されている状態ですが、いずれは全てがICカードに移行されていくことは間違いありません。



近年よく利用されている「おサイフケータイ」というシステムがありますが、それもICチップが組み込まれているからこそ可能なものです。

複数のカード情報を1つの携帯電話に登録しておき、読み取り機にかざすだけで支払いが完了するので大変便利なものです。

自動販売機をはじめとして色々な店舗に「おサイフケータイ」が使えることを示すマークがあります。


現金を出さずに気軽に買い物ができるので今後も普及していくはずです。