img_01

クレジットカードは限度額を下げられる事もあるのか

クレジットカードは審査に通って限度額が決定したのであれば、その金額からは下がる事はないという訳ではないです。

最初のカードの発行の時のみ調べられているという訳ではないために、申し込み後に途中で何らかの理由で限度額が引き下げられる事はあります。

それではクレジットカードの限度額が下げられる場合、どのような理由が考えられるのかをお話しします。



まず、支払いが遅れた場合が考えられます。
若干支払いが遅れた場合ではそこまで支障は出ない可能性も高いですが、それを何度も繰り返したり、悪質な延滞をしているようであれば、利用限度額を下げられて一切利用する事ができなくなる可能性も出てきます。



その他には、クレジットカードの限度額いっぱいまで使っている上にリボ払いや分割払いを続けているという事が考えられます。
限度額いっぱいまで使っていたとしても一括払いで何時もきちんと支払いができているのであれば資金に余裕があると判断できますが、リボ払いや分割払いの場合は通常は手数料が発生するために必要もないのに利用する事は避けるものであるのに、それらの支払い方法で常に限度額まで利用していると、支払いが厳しいとみる事が出来ます。



今は問題なく返済出来ていたとしても、そのままだといずれは支障が出てくる可能性が高いと判断されて限度額を下げられる事もあります。

その他にはキャッシングを利用している場合は収入証明書の提出が必要となる事もありますが、収入が以前よりも下がっている事が分かったら下げるという事もあります。