img_01

クレジットカードの利用限度額は増額だけでなく減額も

クレジットカードの利用限度額が足りなくなって増額したいという話はよくありますが、場合によってはその逆にクレジットカードの減額をしたいという人もいます。
例えば、普段ほとんどクレジットカードを使わないので利用限度額が大きくても盗難や紛失の場合のリスクになる、限度額が大きいとどうしても無駄遣いをしてしまうので無駄遣いを出来ないようにしたい、などといった場合です。



クレジットカードには盗難や紛失の際には保証がついているのが普通ですが、保証がついているからといってそういう事態になった場合には万全という訳ではなく、例えば利用者の過失でカードを使われてしまった場合や不正利用に気が付くのが遅すぎた場合などは保証を受ける事が出来ない事もあります。そのような事になった場合に利用限度額が大きければ被害が深刻になりますが、逆に利用限度額を下げておけば被害にあったが保証を受けられる対象とならなかった場合でもその損害を少なくする事が出来ます。

それでは利用限度額を下げる場合はどうしたら良いのかというと、手続きはそれほど難しくはなく、電話をすれば簡単に引き下げ出来るので難しくはないのですが、引き下げる場合はよく考えてから行うようにした方が良いです。



一度限度額を引き下げてしまうと、もっと限度額を増やしたい場合には再び審査を受ける必要があって、引き下げの時よりも増額するのは難しくなります。



そのために限度額を下げてしまうとカードでの支払いに支障が出る可能性があるかもしれないのであれば、現状維持のままの方が良いです。