img_01

クレジットカードのリボ払いで失敗しないコツ

リボ払いという方法がクレジットカードにはありますが、この支払い方法に対し、支払いの負担が増えてしまうとネガティブなイメージがつきがちです。

しかし、内容をよく理解して使えば支払いのバリエーションが増えて、クレジットカードの返済の負担を減らせます。



コツとしては、頻繁にリボ払いを利用しないことです。

多くのカード会社でカード利用後にリボ払いに変更可能なシステムが用意されていますから、通常は1回払いとして使っていきましょう。


必要に応じて利息のかからない、2回払いやボーナス払いにしても構いません。
リボ払いは現時点のクレジットカードの利用残高の全てに対して、月々払いが設定されます。



リボ払いのデメリットは、利用残高が増え続ければ一向に完済に至ることがなく、利息の総額が大きく膨らんでしまうことです。

毎月何度もクレジットカードを利用するのであれば、定期的に支払い方法の見直しをしましょう。

後からリボ払いに設定するシステムでは、利用ごとに決めることができます。普段は利息が発生しない支払い方法にしておき、高額な商品を購入した場合などで、その商品だけをリボ払いにします。



この支払いが終わるまでリボ払いを利用しないように気をつければ、終わりが見えないリボ払いを続けるリスクがなくなります。

リボ払いの設定金額を自由に決められるカードを選びましょう。

できるだけ高い金額に設定することで完済までの支払い回数が減り、利息の負担を抑えやすくなります。